トイレットペーパー|交換の手間省きで長尺がお勧めで防災用にも

投稿者: | 2018-08-18

リビィトイレットペーパー

 

トイレットペーパーにこだわりが無い我が家。あるとしたらシングルタイプぐらいです。前回購入した170mトイレットペーパーが無くなりつつあるので久しぶりに再購入しようとしたら値上がりしていました。

3回ほど購入したのですが、買うたびに値上がり。箱買いするので一度購入したら暫く購入することも無いから次回、購入するときに「値上がり」を実感します。

今回は、理由あってリピせず他の長尺トイレットペーパーにしました。

 

リビィトイレットペーパー

 

商品の内容はこんな感じ。シングル150mの業務用を箱買い。パルプ100%でサラッとした肌ざわり。交換頻度が少なく、コストパフォーマンスが高いこと。蛍光染料は、使用せず切り取やすいミシン目入り。

 

リビィトイレットペーパー

 

前回比として、肌触りもかなり柔らかい。ミシン目が入っています。

 

リビィトイレットペーパー

 

左が170m芯なし。右が今回の150m芯有り。
170mの圧縮が凄いなと感じました。使ってみて確かに「固さ」が結構なものでした。

 

170m長尺トイレットペーパー

 

ちなみに170m長尺トイレットペーパーの芯付近です。
今回買い替えの理由として芯なしだから最後まできちんと使えると思ったのですが、最後まで使えたのはひとつもありませんでした。
芯付近になると紙同士の密着が接着している感じ。無理矢理、引っ張りだそうとすると紙が密着部分が剥がれず斜めに取れたりして溜息。結局、10mぐらいは使えなさそう。実際、使える部分が170mなのか、そうで無いのかは実証していません。

長尺トイレットペーパーは交換頻度が少なく、防災用にも使えます。それなりに重量はありますが便利さの方が上なので、紙質に拘りがなければお勧めかと。

 

【PR】

 

 

こちらの記事もどうぞ