Airbnb|民泊体験してみた雑感

投稿者: | 2017-02-27

民泊

できるだけ安く宿泊できれば常宿にしたいなという希望を持って、まずは1回宿泊してみて好印象だったので同じホストの部屋で体験。部屋を退室する前には、サッとお掃除をしてホストに信頼されるように心掛けして数回。ホストとゲスト良好な関係を構築できていると思っていたのですが結局、ビジネスホテルに舞い戻る結果になった民泊体験の雑感です。

反省点と言えば、ホストとの意思疎通がきちんとできていなかったに尽きます。私がホストに対して、ハッキリ「こうしたい」と説明すれば良かったのですが、口約束だけのデメリット。昨日確定したにも関わらず、翌日撤回されてしまいました。

確約していた直前の予約を突然キャンセルされて青天の霹靂。キャンセルされた日前後は、万人が参加する盛大なイベント開催でホテルは何処も早くから満室。念のため数ヶ月前からビジネスホテルを予約確保していましたので、最悪の状況にならずに済みましたが、もしホテルをキャンセルしていたらと想像すると恐ろしいです。キャンセルされたら露頭に迷うってなことなんて全く考えていない印象でした。

数ヶ月先の予約もしていましたが、また「キャンセルしますね」って突発的に言われかねない、ホストに対しては不信感しか無いので、こちらからキャンセルし、ビジネスホテルを予約。折り返し、ホテルからこちらのリクエストに対しての確認の電話があり、ホテルの良さというか本業と素人家業との違いを実感。

旅先での用事以外で気を揉むことをしたくない私。安易に民泊に頼ってしまったことを猛省です。ホストは企業ではなく個人ですから、宿泊業のプロではありませんし、「ホスト個人の意見が優先されて勝手なことをされてしまう可能性がある」と改めてホテルとの違いを考えさせられました。

こちらの記事もどうぞ