うすかわ饅頭 儀平|内陸の中辺路でも買えました。ただし賞味期限短め

投稿者: | 2018-01-09

うすかわ饅頭 儀平,串本,中辺路

熊野本宮大社への往復は中辺路経由。儀平本店は海沿いの酷道 国道42号線。内陸の中辺路に店が無いと思ったら中辺路町の近露(ちかつゆ)にありました。トイレ休憩に丁度良い位置にある「古道歩きの里ちかつゆ」。飲食店、Aコープ(スーパー)、土産物屋、ガソリンスタンドがあり便利。少し離れたところに道の駅もあります。

うすかわ饅頭 儀平,串本,中辺路

本店で製造したものを冷凍にして店頭で蒸して販売しているので、賞味期限が1日短い。実際、期限気にせずあっという間に食べてしまいました。

紅白饅頭はお茶が無いと食べられないのですが、このうすかわ饅頭は、お茶が無くても皮の生地が柔らかい。餡もみずみずしいから饅頭を食べている感覚とはちょっと違う和菓子。形は串本の「橋杭岩」をイメージ。

最近の和菓子の餡は、サラっとして舌ざわりが滑らか。なので、1個で終わらないところが辛い。そこへ行かなければ買えないものを意外なところで見つけると嬉しいものです。
ちなみに中辺路の近露近辺に泉質に特徴のある温泉があります。化粧水の「SK-Ⅱ」をボディウォーター代わりにバシャバシャつけるみたいな感覚になるような泉質。

 

 

こちらの記事もどうぞ